FXでカナダドル取引量多い?

豪ドルと同じような資源国通貨には、NZドルの他にカナダドルがあります。
FXでカナダドルは豪ドルの次に取引量が多い資源国通貨であることを覚えておきましょう。
カナダは原油が多く産出されることで有名です。
また、金やウランなどの、資源も取れることから、このような資源の商品の値動きに影響されるでしょう。
特に、原油埋蔵量はサウジアラビアについでカナダが世界2位です。
中東地域が不安定になればなるほど、原油相場は上昇するので、カナダドルについても注視しておく必要があります。
とりあえず、カナダドルの相場は、原油価格の動向に影響されるということを、忘れないようにしてください。
カナダは、アメリカの隣にあるため、アメリカの影響を受けやすくなっています。
アメリカが景気後退を示せば、自然とカナダドルも売られることもあり、アメリカの景気が良ければ買われるということも多いです。
しかし、一概にそうとは言い切れないでしょう。
資源国通貨であるがゆえに、原油や金の相場に関連して、米ドルと違う動きをすることもあるので気をつけるようにしてください。
また、ユーロに近い動きが見られることもあるため、ユーロの動きにも注意しておくと良いでしょう。
カナダドルは、資源国通貨でありますが、金利は日本より高い程度であり、FX取引における豪ドルやNZドルの比較にはなりません。
しかし、安定感は抜群です。
経常黒字や貿易黒字は長年続いており、伝統的に安定しているので、安心してFX取引を行うことが可能です。
FXカナダドル