住宅ローン減税のための確定申告に必要な書類は?

住宅ローン減税を受けるためには、サラリーマンなどの給与所得者でも確定申告をしなければなりません。
通常であれば、企業などに所属する給与所得者の場合は年末調整がおこなわれますので、自営業者などのように確定申告する必要はありません。
しかし住宅ローン減税を利用する場合、初年度に限り確定申告をする必要があるのです。
基本的に確定申告をする期間は2月から3月にかけてですが、住宅ローン減税の場合は1月から申告することができます。
必要な書類は金融機関からの借入金残高証明書、不動産登記事項証明書、住民票、不動産の売買契約書、給与所得者であれば源泉徴収票などです。
税務署におかれている確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書に必要事項を記入し、上記の必要書類を加えて税務署に申告することになります。
なお確定申告書および住宅借入金等特別控除額の計算明細書は、国税庁のホームページからダウンロードできますのでそちらを利用すると便利です。