公認会計士が一般企業に就職するには?

公認会計士試験を受験するのは、学生、一般人、主婦など様々ですが、資格取得後の進路も同様に様々です。
監査法人、会計事務所、独立という道だけではなく、一般企業へ就職や転職をするという進路もあります。
会社の財務や経理部門において、決算業務、予算編成、財務分析等まで手掛ける。
会計や税務上の問題への対応。
財務戦略や資金調達戦略の立案。
金融機関や監査法人等との折衝を取る役目。
高度なスキルを持ったスペシャリストとして育てれば、一般企業が公認会計士を直接採用するメリットは大きいはずです。
しかし、日本では企業側が採用条件の基準を、手探りしている段階かもしれません。
ちなみに海外では、公認会計士が一般企業で働くのは全く珍しい事ではありません。
http://xn--6oqusf2bmyp0nhwn4et0au6a351a.com/