引越業者への心付けをどうするかいつも迷います

家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。
しかし、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。
正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、長い時間働いてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。
飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと千円ほどを包むようにしているわけですが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。
クロネコで引っ越しする人も多いようですが、どのくらいの料金なのでしょう?今はいろいろな引越し業者に見積もってもらってお得な業者を選ぶ場合が普通になっています。
クロネコヤマトも料金の面では大きな差はないかもしれません。
でも、オプションがたくさんあったり、作業員の教育が行き届いていると喜ばれています。
家移りも本格的になると、結局は当日やらなければならないことが多く、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、引っ越し当日の前にできそうなことは事前に終わらせておくことが大事です。
引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことは最優先事項ですが、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けて取り出しやすくしておくことも大事です。
単身世帯でも、大家族でも引っ越しでダンボールを使うことになり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。
ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で手に入ります。
その場合、サイズは一定していません。
車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じサイズでなければよく考えて崩れないよう積んでいってください。